出っ歯(前歯)の矯正

出っ歯(前歯)の矯正治療について

こんなお悩みはありませんか? 【患者様からのよくあるお声】

出っ歯が気になる・・・
前歯が出ている・・・
口の中が乾く・・・

上の前歯が出ている、上顎が全体的に出ている歯並びを「出っ歯」(上顎前突)と言います。
前歯が出てしまって、見た目も気になりますが、機能的にも口の中が乾いてむし歯や歯周病になりやすかったり、何かの衝撃で歯が折れる可能性が高かったり、見た目も気になるのでコンプレックスにもなります。

出っ歯が気になり、矯正治療をお考えの方はまずは当院にお問合せ・ご相談ください。

出っ歯(上顎前突)症例①

Before

  

治療中

9歳、女子。下顎の成長が不足している相対的な上顎前突症例で、日本人に多いタイプです。写真のようなヘッドギヤーという装置を頑張って装着してもらい成長のある期間に上下の顎の関係をできるだけ改善します。この症例の場合、16歳から2年かけて永久歯咬合の完成を行いました。

After

出っ歯(上顎前突)症例②

Before

  

治療中

8歳、女子。初診時上の前歯が出ているのが目立ちます。ヘッドギヤーやブラケットの装置を応用してとりあえず前歯の前突を改善しました。(治療中の写真参照)その後、永久歯がすべて出た時点で、これらに対して第2期の治療を開始しました。術後、調和のとれた横顔になっていることに着目してください。

After

出っ歯(上顎前突)症例③

Before

12歳、男子。初めにヘッドギヤー等の装置を応用し上下の顎の関係を改善し、14歳から永久歯咬合の完成を目指して1年間ブラケットの装置で第2期の治療を行いました。噛み合せの改善はもちろん、顔貌の調和も得られました。

After

大人の矯正治療 成人矯正専門サイトはこちら

子どもの矯正治療 子どもの矯正専門サイトはこちら

AppStore またはGooglePlayストアで検索!

電話番号:0745-73-4041 メールでのお問い合わせ